読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

mgudn's

髷であり曲げでもある。

続・日本代表とWC

さて、前回のエントリーが、勘違いされていると思う部分ですね。

 

では実際問題、昔と比べて強くなったか?

 

と言うと、おいらは強くなっていると思います。

 

本田・香川の攻撃陣を持って強くなったと思われている節がありますが、

過去と比べて良くなったのはサイドバックの二人の影響の方がでかいです。

 

特に長友を見た時はびっくりしました。

こいつはカフーに近いなw  と。 (ブラジル代表通産キャップ数最多のサイドバック

カフーの運動量・スピード持続力と言うのは歴代サッカー選手の中でNo1です。(おいら比)

 

歴代日本人選手で誰が一番ワールドクラスの能力かと

問われれば、文句無しに彼を押します。

 

怪我を心配されている内田も過去のDFと比べると

1対1で簡単に縦に抜かれない選手です。

 

攻撃陣が同一レベルだったとしてもDF陣の能力向上で

全体として昔より良いと言うのが、おいらの見立てです。

 

選手の能力の向上もありますが、戦術や世界最高クラスの選手のプレー映像

の収集・プロ化した事による育成レベルの向上もあるので

強くなってないとしたら困るんですけどねw